くるぶしの痛み

くるぶしの痛みを訴える患者さん。まず軽くしゃがんでもらったり

指先の力の入り方、足の形、足裏のタコができているかのチェック

いろいろ見ていきますが、偏平足と足の内側の筋肉

の弱さとお尻の筋肉が使えていないこと。

そして、足の指がしゃがむ時に地面から離れる浮き指が原因です。

一言で痛みがあると訴えても、よく観察、触診、検査をすると

その患者さんの癖、筋肉の使い方、(骨格の原因もありますが)

必ず原因につながっていることが見えてきます。

ただ、痛いからそこに鍼刺して、お灸してでは、治るのは難しいです。

患者さんの癖、状態を知ってもらうこと、それを日頃から気をつけたり

トレーニングして鍛えてもらったり。

患者さんと一緒に治療を行っています。