腹診

腹診では、お腹をみるということです。お腹には内臓の異常はもちろん、いろんな情報が詰まっています。お腹の触診で緊張している場所、かん下している場所、(力がないところ)

動悸、皮膚の状態、暖かさ。

そういうところと、五臓の病変をみていきます。

八綱弁証という見方で、病変の基本です。

表裏、寒熱、虚実、、陰陽

病因により、外病か内病かを区別していきます。

内病では、気血津液病証と、臓腑病証へと判別し、外病は、衛気営血病証へと、治療方法を導きます。

東洋医学はとても奥が深いのです。興味をもってみてください。