臓腑の機能と病態

腎についてです。腎は両側にあります。そして、背中では第2腰椎に付着しています。腎は精を蔵すと古典にはあります。

腎は先天の元気をやどしているところです。そのせいによって発育成長を行っています。

精の消耗は発育不全や老化、性欲減退を早めたりします。

そしてそのほかには、水を司っています。

脾と肺とともに、体内の水分代謝を行っています。

この作用が損なうと、尿量以上、水腫が引き起こされます。

腎は重要でまだ機能があります。

納気を図る。これは、呼吸の事で肺は呼気、腎では吸気を司っています。

この機能が損なわれると、喘息、呼吸困難が引き起こされます。

腎は骨を司り、髄を生じ、脳を満たしています。

腎に障害、病変が起こると、骨の異常、発育病変、骨ももろくなります。

歯ももろくなり、健忘が現れます。精神の異常もきたしてきます。

腎は、耳にも開竅します。

難聴や、耳鳴りがするのは腎の機能低下によるものだと考えられます。

腰は腎の腑なりと古典にあります。腰痛は腎の病変でおこるものなのです。