臓腑の生理機能と病態

東洋医学でいう臓腑というのは、現代でいう解剖学による臓腑と考え方が違います。実体としての臓器ではなく、臓腑の機能として考えます。

臓腑はその性質機能五臓六腑であり臓は実質臓器、腑は中腔臓器です。

このほかにも、

臓でも腑でもない両者の性質を有する臓腑があります。

これを奇担の腑として、脳・髄・胆・胞宮(子宮)

などがあります。