気血津液の生理機能と病態

血についてです。血は経脈の中を流れる赤い液体で、人体、体組織を栄養する物質です。ほぼ動脈血をいいます。

血の生成は水穀の気(精微)栄養と精気とが営気に(脈中にあり血の生成に関与し、血とともに脈中をめぐっている気の事です)

より、脈中で合わさり赤色の血になり、営気の作用によって、脈内を流れています。

血の機能⇒脈中を流れ人体、身体各部に水穀の気と精気(酸素)や体液を供給し、全身の組織を滋養し、潤いを与えてくれています。

血は精伸活動の物質でもあります。不足は精神活動にも影響を与えるのです。

血の病態変化⇒脈中の血が不足すると血虚、脈中や脈外で血が滞る血於という言い方があります。

血の考え方です。