気・血・水の生理機能と病態

前回”気”とは何かという話でした。気の生成についてですが、東洋医学では人体の生命活動は気によってなるとしています。

気の衰退その変化で健康な体から疾病までに至る。

人体に流れている気。元気(正気、真気、、原気ともいいます)という考え方だとわかりやすいでしょう。

元気は脾胃が運化(消化や吸収)により取り入れた水穀としての気(食物からの

栄養)と肺呼吸により取り入れた清気(酸素)に先天の腎気が結合してできたものが元気です。

水穀の気と精気は後天の気と呼ばれていますが、これは生まれてから、自分自身で作り上げられたものです。

食べるもの呼吸。肉を食べるかマックのハンバーガーを食べるか。

寝て過ごすか、運動して活発に過ごすか。

先天の腎気というのがあります。これは上記のように過ごして作り上げた自分自身の身体とは別にもともと親から受け継いだ生後に獲得した気です。

 

先天と後天の腎気が結合して生成されたのが元気ですが、この元気が人体内を流れ全身各部に臓腑、経絡など生理機能をつかさどります。

臓腑の気、経絡の気。

身体をめぐって機能を発揮しています。

こんなに身近にかかわっている気です