東洋医学の病態論

気・血・津液の生理作用と病態について。気というのは中国人が自然の現象に対しの認識としています。

季節の移り変わりや、生物の誕生と死。

あらゆる事物の変化にはすべて気の運動変化により生じています。

万物は気によって構成されていると捉えています。これが気の思想

天気、気象、気候、空気、元気、気分、、気持ち、、気合い、、病気、

気候、、電気、、磁気、。

気象現象、精神現象など見えないものやエネルギーも表しています。

気というのは感じるようでわかるようでわからない。

宗教的ではありません。

上記のような天気、元気、気持ち、病気。

形としてなくても感じている、天気⇒暑かったり、寒かったり。

気持ち、⇒怒ったり、喜んだり、驚いたり。

それが気であり、東洋医学の気という考え方なのです。