七情(内因)

内因とは内側から人体を犯す病因のことです。これに七つの情が関係してきます。情とは精神活動「怒、喜、思、優、悲、恐、驚」の七つの情があります。

怒⇒人は怒るという感情がありますが、過度になると肝(臓器)を傷つけます。

喜⇒喜ぶことは気が伸びやかになりますが、過度になると神気(正常な精神活動)を消耗させ精神が不安定になります。また心(臓器)を傷つけます。

思⇒くよくよと考え込んだり度が過ぎると、脾(臓器)を傷つけます。

優⇒うつうつとして楽しまないことを言います。優が過度になると気は伸びず肺を傷つけます。肺(臓器)の機能が失調します。

悲⇒苦痛の中から生まれてくる感情。過度の悲は肺を傷つけます。

恐⇒恐怖心。恐は腎(臓器)を傷つけます。また腎気が少なくなるのです。

驚⇒精神が極度に緊張することにより生まれてくる感情です。

過度の驚は腎を傷つけます。

感情は豊かな方がいいですが、何事もバランスがあります。

七つの情もほどほど。もし極度に笑う人、極度に起こる人、内臓を傷つけてる、

あるいは、弱っている人なのです。鍼灸治療はそんなところも診断していきます。