六淫

外因の中の六淫についてです。先日お伝えした、6つの気は邪(外邪)に変化します。

つまり風邪、寒邪、熱邪(暑邪)、火邪、湿邪、燥邪です。そのように変化すると

様々な体の疾病に繋がっていきます。

病気が発生していくのは2通りありますが、一つは、体の正気がしっかりしていても、

六気が、体の能力を超えて作用する場合。

そして、もう一つ体の正気が虚(弱)しているときです。

生体防御能力が低下するので、簡単に(例えば冬の寒邪が容易に風として体に侵入して

風邪となります。)

このように正気が充実しているかしていないかによって、東洋医学の治療法では、

6つの気と、六淫と、体の虚実を診て正気を補ったり、治療するうえで大事だ判断となります。