病院論

東洋医学では病因(病の原因)は3つに分けられます。

一つ外因、二つ内因、三つ不内外因

その中のまず、外因とは、外からの人体に対して侵襲する病因のことです。

そして、これには六淫と癘気(伝染病)があります。

自然の気象現象は風、寒、熱(暑)、湿、燥、火の六気の気象因子により構成されますが

空気の流動(風)、気圧の低下(寒)、気圧の上昇(熱)、更なる上昇したものが火、
湿度の増加(湿)、湿度の減少(燥)、これらがめぐって様々な気象が生じて、

四季という、春夏秋冬があります。

その環境の中で人体は生きています。

次回は六淫について。。。。。

では今日はこのへんで。。行ってきます!