後縦靭帯硬化症

後縦靭帯硬化症とは、首の筋肉、肩甲骨周辺、指先の痛みしびれを伴う症状があります。進行すると足が思うように動かなくなったり、両手の指先に力が入らなくなる為、手先の作業も困難になります。

排尿障害も出てきたり、日常生活も困難になります。

私の患者さんは、今現在は後縦靭帯硬化症なのかはわかっていませんが、

レントゲン技師の仕事をしている親戚に、患者さんのレントゲンを診せたところ、後縦靭帯硬化症と言っていました。

これは、難病指定にも指定されています。

患者さんが言うには、頸椎の手術は一度しているそうです。

手術が失敗したんじゃないのか?とにかく楽になるなら手術をもう一度して、

楽にしてくれと外科医にも言っているそうですが、手術は成功しているし、

骨もきれいになっているといわれえ言われており、何の処置もしてくれないそう

ですが、もし、難病の後縦靭帯硬化症なら生活困難になる前に、何とかしなけれ

ばと思いますが私は、医者ではないので、とにかく今ある症状を何とか楽にして

あげるだけで、またすぐにしんどくなるそうです。

夜も寝れずに不眠もあるそうです。

何とかしてあげたいのに鍼灸治療でも限界があることに、悔しい思いをしていま

す。

治療をして楽になる日ができるだけ長くなってくれればと、治療しています。