肋間神経痛

缺盆………鎖骨の上部にあるくぼみの真ん中に位置中府…….鎖骨の外側下部にあるくぼみから指1本分下に位置

だん中……..胸のちょうど真ん中で乳首の高さに位置

神封…..胸骨と肋骨のつなぎ目部分で乳首の高さに位置

巨闕……..みぞおちのすぐ下に位置

期門……….乳首から肋骨の下へずらした所に位置

以上はお腹側に位置しているツボです。

続いて下記は、背中や手に位置しているツボです。

肩外兪……..肩甲骨の上の高さで背骨から指3本分の所に位置

天宗…..肩甲骨のちょうど中央にあるくぼみに位置

心兪….肩甲骨の内側、背骨の第五腰椎から両側指1本分の所に位置

げき門……前腕の内側で手首と肘の中間に位置

内関……..手首の内側にできるシワから指3本分離れた所の真ん中に位置

合谷……親指と人差し指の骨の根元に位置

ちょくちょく肋間神経痛の人を治療することがありますが、

肋間神経痛の中には、ヘルニアからの痛みであったり、

帯状疱疹からくる痛みであったり、筋肉の硬さが原因だったり、心的ストレスでも神経痛の原因となります。

とにかく楽になって頂きたい一心で、治療しますが、患者さん的に

西洋医学だと病名。

東洋医学では証。

どっちが安心❓

クリニックにも出入りしている私は、結局医師も、よく分からないことでも

病名をつけないといけないのが仕事です。

病名がつくと、とりあえず、薬で抑えようとしますよね。

でも一時的に楽になるだけで、症状が治るわけではないのです。

選ぶのは患者さんですが。。。。。。

自分の身体のことは、他人任せでなく、しっかり見つめなおして、

良い治療をしないと、人任せではだめです🙅‍♂️

私はとにかく目の前の患者さんには、良くなって貰いたいですが、

日常の生活スタイルを見直すのも治療の一環です。

なかなか

注意指導とエクササイズしどうしても、してくれる人はしてくれますが。。。。

最終的には自分の身体です!