お血処置

松本キイ子先生の勉強会にいきました。

松本キイコは、先に、左大巨ツボの圧痛が消失する左中封ツボを押して探し、

左大巨ツボの圧痛が変化するのを確認してから、左中封ツボに刺鍼します。

左大巨ツボの圧痛が減弱するのを確認します。

更に、左大巨ツボの圧痛が減弱する尺沢ツボを探し、左大巨ツボの圧痛がより

改善するのを確認してから、左尺沢ツボに刺鍼します。

 

左中封ツボを押して、左大巨ツボの圧痛の改善が診られない場合、

呼吸器系の症状のある患者さんには、

先に左尺沢ツボを押した方が、左大巨ツボの圧痛改善が診られ、

左尺沢ツボを刺鍼してから

左中封ツボの刺鍼するようにします。

それか、左大巨ツボの、

奥に硬結が感じられる場合には、腎経絡に、関係があることがあり、

上築賓ツボを使用するとで、

オ血の改善が診られることがあります。

と言うのが、松本キー子先生の、治療法です!

そんな、鍼灸治療の手技が、たくさんの西洋医学的な症状にも、鍼灸治療が効く事なども知りました!とても感動です!

しかし、そんな、手技治療の経験を積むには至難の技と、訓練が必要です。

私も、そのようになるよう経験を積み上げたいとつくづく感じます!