湿邪

東洋医学の外邪の中に湿邪があります。
肌や口、鼻を介して体内へ入り込む外邪には六種類のタイプがあります。

気候と関わりがあります。今日のような雨の日は湿邪が入り込み不調を訴える患

者さんも多くいます。

外邪はその気候の変調から異常が発生して外邪へと変化することを意味していま

す。

(湿邪のほかに、風邪、寒邪、暑邪、燥邪、火邪があります。)

湿邪は疾患自体が滞り、難治性となります。

津液や気の巡りは悪化し、湿気が体内に蓄積します。そのため体が重たくなった

りむくんだり不調が起こります。

私も雨と湿には弱いです。