勉強会

青色申告の勉強会に行ってきました。

実際にソフトを使ってやると楽だし、簡単という事や、

帳簿の種類や確定申告に控除が65万円できるということの条件に必要な

帳簿作成について説明されました。

帳簿の種類についてですが

大きくわけて主要簿と補助簿に分かれ、

主要簿には、
総勘定元帳、仕訳帳があり、

これらは複式簿記において必須。

補助簿には、
現金出納帳、預金出納帳、仕入帳など。

補助簿は、それぞれの事業に応じて、

必要なものだけつければOK。

青色申告で最低限必要な帳簿は

総勘定元帳と仕訳帳は作成。

最終的に確定申告で提出をする損益計算書、貸借対照表を作成する。

という理解でしたが。。。。

私、まだまだよく理解できていません。(じつは( ´∀` )。。。。)

自分でソフトをせずやることも可能ということですが、

どちらにしようかまだまだ悩んでいます。