東洋医学でいう津液について

東洋医学では気血水の中の水にあたる

水(津液)とは、汗や涙、消化液などリンパ液。

血液以外の人体の正常な水分のことをいい、各臓腑、組織器官内の液体と分泌物をいいます。

体全体を潤し、体内を循環して体温調節や関節の働きをなめらかにします。

水(津液)は陰に属し、その働きは常に正常な状態にすることで、臓腑、筋肉、髪の毛、粘膜を潤し、関節の働きを円滑にするなどの働きをしています。

この、気血水のバランスがとても重要なのです。

治療のお問い合わせお待ちしています。

Contact