東洋医学でいう気の働き

気の働き

推動作用とは
身体のあらゆる生理活動、例えば、血液循環や新陳代謝を促進する働き


温煦作用とは
体を温め、機能を活発化して、体温を正常に保つ働き

防御作用とは
身体の外表面を守り、外部から邪気の侵入を防ぐ働き。

気化作用とは
身体の外表面を守り、外部から邪気の侵入を防ぐ働き。

固摂作用とは
血・汗・尿などがもれるのを防ぐ働き。

気の作用は5つの働きがありこれらがうまく機能していることで体は正常に保たれています。しかし、仕事、環境、大気汚染、食生活、あらゆるストレスにより

これらの気の作用がうまく機能せず病が起こります。

体調管理、免疫力アップ治療はお問い合わせ下さい

Contact