ツボ

WHOの定義では全身のツボの数は361個とされています。

実際のツボは1000以上ありますが、WHO定義では361個なのです。


経絡とは、経脈という大きい主要な道路と
絡脈という経脈から網の目に出た枝道を合わせたもの。
経脈という幹線道路に流れるのが、気のエネルギーのようなものです。
経絡とは、体内の気の通り道と、捉えます。
「経」はたてを表し、そこから「絡」は「まとう」「からむ」「つなぐ」「つながる」などの意味で、経脈は体内を縦方向に走っており、絡脈は体内を横方向に走って経脈同士を繋ぐ役割がありそれが全身をめぐっているのです。
経絡は主に14本あり、それぞれ肝、心、肺など内臓と密接に関係しているとされています。
経絡上にはたくさんの経穴=ツボがあるので、それらをマッサージで経絡押圧など刺激をを行うことで、むくみや血行不良などを解消させる効果があります。
経絡が幹線道路で、ツボは信号のようなもの。
信号が壊れると道路が渋滞してしまうので、常日頃からきちんと交通整理して、道路の通りをすっきりさせておくことが必要です。

経絡刺激=鍼灸治療はお問い合わせください。

Contact