体幹、インナーマッスル

先日来られた患者さん。
腰痛で、ヘルニアがあるという方の治療をしました。
鍼灸治療も含めて自宅でのセルフケアもしてもらわなければ、根本的、改善にはなりません。

そこで、体幹を鍛えましょうということで、軽めの腹筋を教えてあげました。
この方は
とにかく腹筋してもらっても、全然お腹周りが筋肉のなさで硬くならないので
この
体幹の弱さが腰痛の原因ですよ・・。とお伝えしました。
そこで、体幹についてです。

 

体幹とは頭・腕・脚以外の胴体すべての筋肉を意味します。
この体幹を鍛えると、まず運動中の体勢が安定。
体の表面に見える表層筋と呼ばれるアウターマッスルに対してのインナーマッスルとは、深層筋のこと。おもに姿勢を細かく調節したり、関節の位置を正常に保ったりする働きがあります。

 

インナーマッスルの鍛え方

体幹の鍛え方は、インナーマッスルとアウターマッスルの両方を鍛えること。
体幹を鍛えることが大切です。
姿勢がよくなるだけでなく、ウエストが細くなる効果も期待できます。
さらに体幹には太い筋肉が集まっているので、基礎代謝が上がってきます。

インナーマッスルと体幹とでは鍛え方にも差があります。インナーマッスルは、ふだん意識して使う機会が少ない筋肉です。このため、負荷の少ない動きや体勢をゆっくり繰り返し行うトレーニングが多くなります。

体幹は、意識して使うことはあまりないものです。

スポーツなどでもよく使われる筋肉ですがトレーニング後は、インナーマッスルはあまり疲れを伴いません。

体幹とインナーマッスルの両方の鍛え方

体幹にあるインナーマッスルといえば、腹横筋などの腹筋になります。
そして、体幹とインナーマッスルの両方の鍛え方を考えるなら、
インナーマッスル腹筋の強化がオススメです。

インナーマッスル腹筋を強化すると、加齢とともに下がり気味になる内臓を正常な位置に戻すことができます。正しい位置に収めることで運動能力も向上します。
体幹がしっかり安定するため、体幹を軸とした機敏な動きが可能になります。
体幹、インナーマッスルを鍛えて、腰痛も改善させると、肩こりの症状など
色んな体の使いかたが変わるので、不調もなくなってきます。

体質改善の治療はお問い合わせお待ちしています。

Contact