喘息 東洋医学的考え方

喘息の東洋医学的考え方と、西洋医学的考え方を紹介します

喘息の原因は大まかに二つを分けます。

西洋医学的原因

発作の誘因としてアレルギー反応が関与するのはアトピー型喘息で、関与しないのは非アトピー型喘息です。

アトピー型喘息はアレルギーを起こしやすい体質のことで、

花粉症、じんましん、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎などと同じ、アレルギーである。家族に多発することから遺伝的素因に基づいて発症する生まれつきのアレルギーです

非アトピー型喘息は風邪、タバコの煙、ストレス、

香水の香り、気候の変化など、外部の刺激によって発作が起こってしまうタイプの喘息です。

また薬、食品添加物や防腐剤により喘息を誘発する場合もあります。

東洋医学的原因

喘息の原因は外部の原因(水毒など)と内部の原因(虚弱など)がある。

外部の原因はいろいろな毒です。簡単に言うとすべてのアレルギー原と思われるものや、環境の変化、食べ物や薬などが誘発の原因になりえます。

内部の原因は内臓主に腎と肺が弱いことろなります。

特に小児喘息はその子の肺や腎が生まれつき弱かった、漢方治療と子供発育と伴って、成年後に喘息が治るケースも少なくないです。

気血水の視点から見ると、水分代謝の異常と気逆と言われます。

その異常と関連性深い臓器も腎と肺である。

水分代謝が悪くて、余っている水分が肺に溜まって、溜まっている水が水毒になる。その水毒が肺を刺激し、気が上がって、咳・痰や喘鳴が出ます。

喘息症状

喘息発作の頻度や重症度はさまざまです。

発作がないときは健康な人と変わらず元気な状態が続きます。

数々の誘因で発作が起こると激しい咳によって息がつけなくなります。

喘息の主な症状は、激しい咳き込み、痰をしたときに出る粘り気のある痰、息苦しさなどです。息をするたびに喉や胸からヒューヒュー、ゼイゼイと音がする喘鳴です。

痰をともなわず、激しい咳だけが出る場合があります。また、痰だけが多くなったり、痰がからんで取れないこともあります。あるいは、胸の痛みも伴う事があります。

まずは、医療機関で診察をお勧めします。

免疫をよくする、免疫アップなど、その後の治療は、お任せください!