頸肩腕痛症状

頸肩腕痛の症状は次のようなことが挙げられます


肩がこる、首が痛いといった症状は多くの人が経験したことがありませんか。

こうした症状や、首から肩、腕にかけての痛みやこり、しびれ、といった不快な症状を引き起こす病気を、総称して「頚肩腕症候群」と呼んでいます。

ただ、そうした症状は頚部脊椎症や胸郭出口症候群などのさまざまな病気が原因で起きるので、通常はもととなる病気がわかった段階で、その病名で呼ばれます。

そのため、現在では頚肩腕症候群は、いわゆる肩こりのように、特に原因となる病気がはっきりしない場合を指しています。

ただし、長期間、いつも同じ場所が痛む、痛みが徐々に強くなる、指にまで痛みが走る放散痛という場合は、背後に病気があることが多いので、注意が必要です。
同じ場所で凝り痛みが長引いている、寝ていても痛い、痛みがだんだん強くなる、痛みが周囲に放散する、痛みやしびれが指のほうまで及んでいる、腕に力が入らない、手の感覚が鈍くなった、胸や腹、背中の痛みを伴うなど

頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、高血圧、狭心症や心筋梗塞の心臓病、自律神経失調症、更年期障害、眼精疲労などの可能性が考えられます。

頸肩腕痛の原因
頚肩腕症候群原因や肩こり

肩こりは、簡単にいえば、肩周辺の筋肉の疲労です。首から肩、背中にかけては、僧帽筋や肩甲挙筋、棘下筋、菱形筋などの筋肉がありますが、これらの筋肉が常に緊張していると、筋肉が収縮して硬くなり、血管が圧迫されて血行が悪くなります。すると、乳酸などの疲労物質が筋肉の中にたまって、痛みやこりの症状を引き起こすのです。さらに、痛みなどがあると、筋肉を動かさなくなるので、余計に筋肉が収縮して痛みも増す、という悪循環に陥ります。
筋肉の緊張を起こさせ、疲労させるいちばんの要因は、パソコン作業やデスクワークなどで長時聞同じ姿勢をとり続けることです。

また、もともと体型がなで肩の人や首が細く長い人は、首や肩周辺の頭を支える筋肉が弱いことが多く、筋肉への負担が大きくなるため、こりやすいといえます。男性よりも筋力の弱い女性に多いことからも、頭を支える筋力の強さも影響大といえます。運動不足の人も筋肉が弱さがあります。

 

季節的には、冬は寒さのために、血行が悪くなって、一屑こりが起こりやすくなります。 そのほか、精神的なストレスも肩の筋肉を緊張させます。

まずは医療機関で診察を!

その後の治療は鍼灸治療お任せくださいませ。