乳腺症

乳腺症という言葉を聞いたことはありますか?
女性であれば発症する可能性のある
胸のトラブルの一つ。
乳腺症自体は何か悪さをするものではないそうですが。。。
乳がんと見分けがつきにくく、注意が必要なものです。
乳腺症
乳腺症とは、母乳の分泌に関わる「乳腺」と呼ばれる組織のなかで、
細胞の過度な増殖や繊維化、退行などの様々な変化が起き、硬いしこりができることをいいます。

「しこりができる」と聞くと病気のように思うかもしれませんが、乳房内でのこうした変化は、加齢とともに誰にでも起こる、生理的な現象です
。乳腺症は、この生理現象が、正常な状態とは少し違うように変化しただけなのです。
乳腺症の原因

乳腺症の原因はまだはっきりとわかっていないそうですが、
乳腺は生理周期にあわせて発育と減少を繰り返すため、その過程で何かしらの異常が発生するのではないかと考えられています。
生理以外に、妊娠、出産、授乳などでも変化します。
また乳腺は、「プロゲステロン」という黄体ホルモンと、「エストロゲン」という卵胞ホルモンの影響を受けて発育していきます。そして、この時何らかの理由で、「プロゲステロン」より「エストロゲン」の分泌が過剰になると、
乳腺症を引き起こす可能性があるともされているそうです。

乳腺症の症状は・しこりや痛みがあるの?

乳腺症の症状には、主に以下のようなものがあります。

乳房の張り
乳房の痛み
両方か片方の乳房にしこりが出る
乳頭から母乳や血のような分泌物が出る
こうした症状は月経前に強く現れて、月経後にはやわらぐのが特徴です。
痛みや張りの強さ、しこりの硬さなどには個人差があり、その変化にほとんど気がつかないという人もいます。見た目には、特に変化は起こりません。

女性の気になる症状にも対応します。鍼灸治療お問い合わせください。