人工関節

患者さんを多く治療していると人工関節の患者さんが結構います。

人工関節とは
人工関節置換術とは、変形性関節症や関節リウマチなどの疾患により悪くなった関節 の表面を取り除いて、人工関節に置き換えられます。

人工関節は、主に金属やセラミック、ポリエチレンなどでできており、関節の痛みの原因となっている部分を取り除くため、他の治療法と比べると「痛みを取る」効果が大きいのが特徴だそうです。

人工関節の寿命

人工関節関節の寿命は、患者さんの身体的条件・活動度・体重など、多くの要素に影響されますが、一般的に15年~20年と言われています。

関節を深く曲げるような動きは、脱臼やインプラントの破損などを招く可能性があるので充分注意が必要です。人工関節にしてるかどうか、ちゃんと聞いておかなければいけません。

 

合併症について
合併症は細菌感染。そのほか貧血、塞栓などがあります。

鍼の治療は十分配慮が必要です。