片頭痛

片頭痛は患者さんの多くに最近耳にする症状です。

片頭痛の発症には神経伝達物質のセロトニン、サブスタンスP、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)などが複雑にかかわり、三叉神経、内因性下行性疼痛制御系がかかわっている。

発作が起こると血中のセロトニンが減少し血管壁で代謝され尿中に排泄される。

すると、セロトニンの枯渇状態が起こり血管が急激に拡張するので拍動性の痛みが起こる。

片頭痛はストレス社会において現代病なのではないだろうか。